スキャニング

Q.どのような原稿がスキャニングできますか?

A.透過原稿:カラー/モノクロの全ての原稿がA3ノビまで対応しております。
反射原稿:カラープリント、印刷物はA3までに対応しております。
ただし、厚みのある本などは綴じの部分が浮いてしまい、きちんとしたスキャニングができない場合があります。

また、スキャニングに向いていない原稿としては以下のようなものがあります。
金箔・銀箔・銅箔やホログラム、など反射するキラキラしたものは黒くなってしまいますので複写にて対応致します。
絹目のカラープリントは凹凸が粗いものは模様となって見えてしまう場合があります。
額装写真は、そのまま、スキャニングすることは出来ませんので額を外して下さい。
紙幣・有価証券などのスキャニングは法律で禁じられています。

Q.データやフィルムがなくても写真から写真が出来ますか?

A.スキャニング作業でデータ化をして、ご要望のサイズのデジタルプリントに致します。

Q.原稿の取扱いで気をつけることはどんなことですか?

A.原稿の指紋、汚れ等以外に、以下のことにもお気をつけください。
・インクジェットプリントの画像面に付箋紙を付けると取り除けない糊の跡が残ってしまいます。
・プリント等を直接クリップなどで留めると傷跡が残ってしまいます。

ページ上部へ