会社沿革

会社概要
平成29年 2月 カッティングプロッタ Kongsberg X22、Mimaki CG-130FXII 導入
平成26年 10月 ミマキエンジニアリング JV300-130 導入
平成26年 4月 ミマキエンジニアリング JV5-160S 導入
平成25年 11月 ミマキエンジニアリング フラットベット型カッティングプロッタ
CF2-1218 導入
平成25年 1月 富士フイルム UVインクジェット Acuity LED 1600 導入
平成24年 2月 富士フイルム フロンティアLP5700R 導入
ミマキエンジニアリング JV33-130 導入
平成23年 6月 麹町税務署より「優良申告法人」として表彰される
平成22年 5月 ローランド VS-640 導入
平成22年 3月 富士フイルム フロンティアLP7700 導入
平成20年 9月 本塩町16番地にビルを購入、ラボ東京別館として技術部を移転
スタジオ、パネル加工部、フロンティア、ラムダ、自動現像機、
インクジェット出力機を移設稼働中
平成20年 8月 ミマキエンジニアリング JV3-250SP、JV33-160 導入
平成20年 2月 SEAL ラミネーター62S 導入
平成19年 9月 富士フイルム フロンティア570E型 導入
平成19年 8月 ミマキエンジニアリング JV4-130 追加導入
平成18年 2月 ミマキエンジニアリング JV4-130、JV4-160 導入
平成17年 6月 麹町税務署より「優良申告法人」として表彰される
平成16年 8月 銀座営業所を市ヶ谷本社に統合、デジタル機器の集中化を行い稼働中
平成15年10月 2営業所・現像所の総面積約620坪、車両台数40台、各種自動現像機5台、
写真引伸し機45台(内 AF 引伸し機25台、 大型引伸し機2台)、
ラムダ2台、ライトジェット5100、ハイファイジェット、ICG360、
LVTシステム、パソコンその他の機器にて営業
平成11年 6月 麹町税務署より「優良申告法人」として表彰される
平成10年10月 木田ビルを自社ビルとして購入、ラボ東京ビルとなる
平成8年 6月 麹町営業所を市ヶ谷本社内に移転して統合
木田ビル1・2Fに営業部を移設
平成6年 7月 DPC(デジタルフォトクリエーション)セクション 開設
平成元年 4月 各種最新鋭自動引伸し機導入
昭和62年 3月 木田ビル7F増設
大型引伸し機用暗室・事務室増設
昭和62年 1月 市ヶ谷現像所内に白黒ラボ増設
昭和60年 3月 銀座営業所、現像所開設
東京都中央区築地2-2-1 築地細田ビル
昭和57年 9月 木田ビル9F増設
撮影スタジオ及び大型暗室増設、壁面投影大型引伸し機導入
昭和55年 11月 木田ビル6F増設
事務室・暗室増設、本社内より総務部門移転
昭和55年 3月 市ヶ谷現像所木田ビルにダイレクト・プリント用自動現像機導入
昭和53年 4月 ラボ東京設立
本社・麹町営業所、市ヶ谷現像所開設
ページ上部へ