ごあいさつ

代表取締役 加藤 秀男

どんな言葉を重ねるよりも、多くのことを物語るヴィジュアル。圧倒的な存在感で目を引き付け、イメージを創造するヴィジュアル。こうしたヴィジュアルが人々の目に触れるまでには、数々のプロセスがあります。

私は51年前、「プロラボ」という言葉さえなかった時代から、写真の改革を行い、弊社を「ヴィジュアル制作のサポート企業」と位置づけ、写真用品やデジタル関連の販売から、あらゆる形の写真の仕上げにいたるまで、ハイクオリティなサービスを提供して参りました。またさまざまな写真技術の革新にも積極的に取り組み、ヴィジュアル表現の可能性を追求してきました。

「ヴィジュアル・コミュニケーション・サポート」私と仲間たちで、これからも変わる事なく、追求をし続けてまいります。

ページ上部へ